Show MenuHide Menu

アロマテラピーの歴史

aroma2

アロマテラピーは、香りを嗅ぐことで心身の不調を改善する療法になります。
アロマテラピーの歴史はかなり古く、香りの療法とは少しずれますが、香りを用いるという点では、エジプトのミイラの保存に香油が使われていたといわれていますので、その歴史の深さが伺いしれますね。

参考サイト:アロマテラピー|wiki

今のようなアロマテラピーの始まりは、10世紀ごろ、アロマオイルの発明から始まったといわれています。
とあるアラブ人が、陳金術の課程で偶然植物の水蒸気蒸留法を発見したことから、アロマオイルがつくられるようになりました。その後開発が進められ、アロマオイルのっ製造は、16世紀には一番の盛り上がりを見せます。
16世紀の時点で、アロマオイルの製造方法は確率されていたのですね。

アロテラピーガ療法として活用されるようになったのは20世紀のはじめと、以外と最近です。
やけどをしてしまったある人物が、ラベンダーのアロマオイルを患部に使用したことで、みるみるうちに回復していったことから、医療としてのアロマテラピーが注目されるようになりました。
第二次世界大戦にも、アロマテラピーを用いた治療が行われたといわれています。

最近では、日本の医療でもアロマテラピーが用いられることが大いに増えて来ました。
保険適用の治療にはまだ遠いのですが、心療内科ではアロマテラピーを用いて患者をリラックスさせたり、そのほかの病人も、アロマテラピーで心をほぐしたりといった形で利用されています。
ヨーロッパではアロマテラピーが医療の中心として活躍しているのだそうです。日本でも早くアロマテラピーがもっともっと医療に進出してきたらよいですね。

しかし、医療に用いられるほどの効果があるものですから、使用法を誤ると、体調が悪化してしまうこともあります。
アロマテラピーは医学ではありませんが、精油にはさまざまな効果がありますので、使用にはくれぐれも注意しましょう。

アロマテラピーに関わる仕事

アロマテラピーに関わる仕事といえば、アロマセラピストですね。
アロマセラピストも最近非常に人気が出てきている職業で、需要が増えていることもあってか求人情報も充実しています。
いろいろと求人がありますので、こちらの職業に就きたいと考えていらっしゃる方も意外とスムーズに就職できるかもしれません。
とはいえ、何の知識もなくいきなり採用されるのは難しいので、ここでアロマテラピストの仕事についてや、アロマセラピストなるまでの流れ、アロマテラピストとして働くためのポイントなどについて解説していきます。