Show MenuHide Menu

このサイトについて

biyourekishi3「美容」は女性にとって、切っても切り離せない永遠のテーマ。
おしゃれに興味がないという方でも、固形石鹸で顔を洗って何もつけない、という大人の女性はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。
そして、これは時代を振り返っても同様で、古代の人々も、さまざまな形で美容を楽しんでいたようです。

例えばネイルであれば、エジプト時代のミイラの爪に装飾が施されていたという話もありますし、中世でもかなり美容においてはさまざまな試みが行われていた様子。
美に関する興味というのは、時代は関係ないのかもしれません。
美に対する興味は今も昔も変わらず、文明が進化したことによって、いろいろな美容法が生まれたのかもしれませんね。

古代エジプト時代など、かなり古くから行われていた美容法は、アロマテラピーのような香りを用いた両方や、爪への装飾などが主だったようです。
さすがにフェイシャルエステというものは存在しなかったようですが、もしかしたらローション代わりに花びらを絞った液体をつける、なんてことは行われていたのかもしれないな、と想像が膨らみます。
爪に装飾をすることが思い浮かぶのであれば、少しでも肌を美しく見せたいという気持ちがあっても決しておかしくはないですよね。
そして、古代エジプトのミイラは、非常に美しい装飾をたくさんつけていました。あれほどの宝石をつくる能力があれば、美容に関してもきっといろいろな試みが行われていたに違いありません。

私達が小さいころも、オシロイバナの粉を手にとってみたり、わからないながらもメイクや美容に通ずる遊びをしていた記憶があります。
きっと古代の人々もそういった感覚で美容を楽しんでいたのではないでしょうか。
そうした歴史が少しずつ進化していき、私達の現代美容に通じているのだと思うと、とても感銘深いです。

当サイトでは、ネイルやアロマなど、その美容法ごとの歴史を振り返り、今との比較や今後どのように変化していくのか、またそれらの仕事に携わるためにはどうすればよいのかといった、美容をさまざまな面から考察し、解説しています。
美容業界で働きたいとお考えの方に、当サイトの情報をお役立ていただけたらとてもうれしいです。

ネイルの歴史

ジェルネイルはここ数年で一気に普及し始めましたが、マニキュアはかなり昔からありましたよね。
ネイルを施すということは、いつごろから始まったものなのでしょうか。
ここでは、 ネイルの歴史について解説しています。

アロマテラピーの歴史

アロマテラピーも、ここ数年でメジャーになってきたような印象がありますが、実はかなり前から行われていたんですよ。
アロマテラピーはどのようにして日本にやってきたのか、日本にやってくる以前はどこから発祥したのか、ここではアロマテラピーの歴史に迫ります。

エステの歴史

日本でのエステの歴史はまだ浅いですが、海外ではかなり古い時代からエステに似たトリートメントが行われていたようです。
ここでは、そんなエステの歴史について掘り下げています。